次世代育成支援行動計画

職員が、その能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため次のような行動計画を策定する。

 

医療法人成仁会 行動計画書

1、計画期間

平成27年4月1日 から 平成32年3月31日までの5年間

2、内   容

目標 1 計画期間内に育児休業の取得状況を向上させるとともに職場復帰しやすい環境整備を行う。

< 対 策 >

平成27年4月~ 職員へのアンケート調査、検討開始

平成27年度~  制度に関するパンフレットの配布、管理職を対象とした研修、育児休業中の職員に対し定期的な情報提供を行う。

目標 2 全職員の年次有給休暇の取得日数を増やさせる(年1日アップ)

< 対 策 >

平成27年4月~ 管理職を対象とした研修を実施し、有給休暇に対する理解を深める。

平成27年4月~ 年次有給休暇の取得状況を把握する。

平成27年4月~ 各部署において年次有給休暇の取得計画を策定する。年1回以上、安全衛生管理委員会において、部署ごとの有給休暇取得率を発表する。

 

女性活躍推進法一般事業主行動計画

女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

  1. 計画期間 平成28年4月1日から平成31年3月31日までの3年間

     2. 当法人の課題

(1)特定の職員及び特定な部署に偏っている傾向があり、有給休暇の取得について個人差及び部署差がないようにしていきたい。

(2)女性の安心して働ける有給休暇取得の雰囲気づくりが必要である。

     3. 目標と取組内容・実施時期

         目標1:有給休暇平均取得率を全職員50%以上取得(本年度付与日数に対して)

         目標2:有給休暇取得を全職員年1日以上アップさせる。

 

         <取組内容>

平成28年4月〜 各部署において問題点の把握
(取得率が低い職員やバースデイ有給等取得状況)
年次有給休暇の取得計画を策定
平成28年10月〜 改善検討
平成29年4月〜 年1回以上、安全衛生管理委員会において、部署ごとの有給休暇取得率を報告する
平成30年4月〜 実施、検証

     4.  男女の育児休業取得率について

          ・女性の育児休業取得率100%