回復期リハビリテーション病棟について

回復期リハビリテーション病棟とは

脳卒中や骨折、または手術などによる急性期での治療を終え、状態が安定はじめた頃(発症から1〜2ヶ月頃)を回復期と言います。この時期に集中的なリハビリテーションを行うことが最も効果的であると言われています。当院では365日体制で1日あたり最長3時間のリハビリ訓練を行っており、機能の回復や退院後の日常生活で必要な動作の改善を図ります。各専門スタッフがチームとなり社会や家庭への復帰を第一の目的とした、各患者様に合わせたリハビリテーションプログラムを実施します。

対象となる方

対象疾患 発症からの入院 入院期間
1、脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症後もしくは手術後、又は義肢装着訓練を要する状態 2ヶ月以内 150日
1、高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷および頭部外傷を含む多部位外傷 2ヶ月以内 180日
2、多肢の骨折、大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の骨折 2ヶ月以内 90日
3、 外科手術又は肺炎などの治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後 2ヶ月以内 90日
4、大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靭帯損傷後 1ヶ月以内 60日
5、股関節又は膝関節の置換術後の状態 1ヶ月以内 90日

 

特徴

365日体制のリハビリテーション

当院の回復期リハビリ病棟では日曜、祝日、年末年始も365日体制でリハビリテーションを行うことで、よりリハビリテーションの効果を上げ、早期の回復、在宅復帰に繋げることが可能です。

回復期リハビリ病棟専用のリハビリ室

image143回復期リハビリ病棟がある4階には専用のリハビリテーション室が設置されております。

 

生活場面に即したリハビリテーション

入浴や更衣、排泄などの生活場面に即した生活動作をできるだけ自宅の環境に近づけた状態で練習を行います。また入院中に外出や外泊も行なって頂き、その時の状況を聞きながら再度必要な動作訓練を行ない自宅復帰に繋げていきます。

回復期リハ病棟のチーム医療体制

image169当院では様々な専門職がチームとして協力し目標設定、進捗状況の共有をおこない、患者様を中心としたリハビリテーションを行っております。