整形外科

特色

(1)関節の痛み(2)腰痛、肩こり(3)手足のしびれ・痛み・運動麻痺(4)交通事故(5)労災外傷など、体を動かすのに必要な器官の障害を治療し、早期に社会復帰ができるようにお手伝いするのが整形外科の役割です。外来での診療(薬の処方、注射、リハビリ、神経ブロック)から、手術後治療(脊椎、関節、骨折など)の早期リハビリまで取り扱っています。

取り扱う主な疾患

頸椎症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎圧迫骨折、骨粗鬆症、リウマチ、変形性関節症、腫瘍、骨折、脱臼、スポーツ外傷 等。

治療の特色

    • 脊椎分野では、頚椎症、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、圧迫骨折、関節リウマチ、腫瘍など幅広く対応しており、早期リハビリを実現しています。
    • 外来では患者様の病状に応じた検査(X線、CTなど)や薬の処方、リハビリテーションを行います。
    • 他院から多数の患者様が紹介受診されますが、よりスムーズな診療のため過去に撮ったX線やCTの画像データを持参されることをお勧めします。
    • 最近は椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症だけではなく、脊椎変形(腰椎側弯症やすべり症、圧迫骨折)による腰痛や坐骨神経痛、足の麻痺のため日常生活が困難になっている患者様が増えています。
    • 関節分野では、関節鏡視下手術や人工関節置換術(股関節、膝関節 等)、などの術後、患者様のご希望や病状に沿った最良の早期リハビリを行っています。
    • 術後は充実したリハビリテーションスタッフにより、早期離床、早期社会復帰を目指します。

> リハビリテーション科のページはこちら

診療時間
(受付時間)

  9:00〜12:30
(9:00〜12:00)

13:30〜17:30
(13:30〜17:00)

休診日:日曜祝日年末年始(12月30日~1月3日)
※急患はこの限りではありません