理学療法

理学療法とは?

理学療法では、脳血管疾患による後遺症や骨折等の整形外科疾患、神経難病などで日常生活に困難を来たした方に対し、運動療法や物理療法を通して機能の改善を図ります。また患者様一人一人の生活様式に合わせた日常生活動作訓練や福祉用具の選定、住環境整備を行なうことで、その人らしい生活の再獲得をサポートします。

運動療法

筋力・持久力の向上、関節の動きの改善、麻痺の機能回復、バランス能力の向上等を目的としており、理学療法士が徒手的に行なうものだけでなく、トレーニングマシーンやバランスボール等の器具を使用しての訓練も行っています。

歩行トレーニング

image026

屋内だけでなく、屋外にて坂道や砂利道などの不整地、公道など退院後の生活を想定しての歩行訓練を行ないます。またその方に合った歩行補助具の選定も行ないます。

 

マシントレーニング

マシンを使ってのトレーニングにて、筋力や持久力の向上を図ります。

image031
image034

 

バランストレーニング

image038

バランスボールやスタビライザーを使用して筋力やバランス能力の向上を図ります。バランス能力を高めることは転倒の予防にも効果的です。

 

基本動作トレーニング

image043

寝返る」「起き上がる」などのベッド上での動作と「立つ」「乗り移る」「歩く」などの移動に関わる動作の獲得を目的としており、その方の生活様式に合わせ、日常生活に近い環境にて訓練を行ないます。

 

外出・屋外歩行トレーニング

image047

ベッドから車椅子、車椅子からトイレなどの乗り移り動作の訓練を行ない、日中の活動範囲の拡大を図ます。また、車椅子から車両への乗り移りの訓練やご家族様への介助方法のアドバイス等も行ないます。