言語聴覚療法

話す、聞く、読む、書く、食べる・・・。誰にでもごく自然に行っていることが、病気や事故、加齢などで不自由になることがあります。また、生まれつきの障害で困っている方もいます。こうしたことばによるコミュニケーションや飲み込み(嚥下)に問題がある方々の社会復帰をお手伝いし、自分らしい生活ができるよう支援するのが言語聴覚士の仕事です。

言語・コミュニケーション訓練

言語聴覚士は失語症、運動障害性構音障害、音声障害、高次脳機能障害などによって生じることばやコミュニケーションの問題の対処法を見つけるために検査・評価を実施し、必要に応じてトレーニング、指導、助言の援助を行います。

失語症

事故や病気によって話を聞く・話す・読む・書く・計算の全てが障害された症状です。症状は様々で会話は可能な人から全く出来ない方までいます。その人に合った伝達方法を見つけ、御家族などとコミュニケ—ションが図れるように支援していきます。
image084

 

運動障害性構音障害

口が動かしにくい、呂律が回らなくなった、発音がおかしいなどの症状が起こります。家族や友達などと楽しくコミュニケーションが図れるように口や舌などの運動や発声練習をしていきます。
image089

 

音声障害

喉の病気により声が出しにくくなった、声を出すと苦しい、声が小さいなど様々な症状が起こります。指導やトレーニングを通じて発声の習慣や方法を変えることによって、声の改善を図ります。
image093

 

高次脳機能障害

高次脳機能障害とは脳の損傷によって、言語・思考・記憶・行動、学習注意力などに障害が起きた状態です。記憶や注意など多様な症状に合わせたトレーニングを行います。
image100

 

噛む・飲み込みの訓練(摂食嚥下訓練)

食べ物が口からこぼれる、うまく飲み込めない、むせるなどの障害に対して訓練を行います。訓練を始める前にVF(レントゲンによる噛む・飲み込み動作のビデオ撮影の検査)も行ってます。在宅復帰に向けて本人・御家族に食事形態の検討・食事介助の支援も行ってます。

食べ物を用いないトレーニング

食べ物を用いずに飲み込みに必要な筋力及び機能の向上を図り、口から食べることが出来るようにトレーニングを行います。また、誤嚥性肺炎予防も行います。
image103

 

食べ物を用いてのトレーニング

食べ物を用いて飲み込みに必要な筋力及び機能の向上を図ります。食べる姿勢の調整や食べ物の形の調整などを行いながら、飲み込みの練習を行います。
image108

 

飲み込み(嚥下)の検査

レントゲンを使って飲み込みの動作をビデオで撮影します。口の中で食べ物が噛めているか、のどに食べ物が送り込めているか、気道に入っていないかなどを調べることが出来ます。安全に食事が出来る姿勢や食べ物を確かめます。
image113

 

訪問リハビリ

訪問リハビリテーションとは、主治医が「訪問リハビリテーションサービスの利用が必要」と認めた方を対象とします。言語聴覚士がご自宅を訪問し症状に応じたトレーニングを行います。
image118

 

通所リハビリ

病院を退院されたあとも、在宅生活を維持するために当院に通い医師の指示のもとにリハビリを行い、言語機能及び嚥下(飲み込み)機能の維持及び向上を図ることを目的としています。
image124

 

小児リハビリ

発達に遅れのあるお子様、特定の発音が難しいお子様など、個々の症状に応じた適切なトレーニングや助言を行います。また、御家族やお子様に関係する方などにも必要に応じて支援を行います。
image129

 

 私達と一緒にリハビリしませんか!!